スタッフ紹介

志木本店 店長 山下 浩右

山下 浩右

不動産業界の知人が多く、自然と不動産に興味を持っていました。

 大学を卒業して、レンタカーの会社で社会人をスタートしました。この時の職場が志木でした。当時、志木は不動産会社が多く、周りの人との付き合いの中で不動産会社の方とも仲良くしていました。その中に同じサーフィンを趣味にしている不動産会社の社員の方もいました。色々と不動産の話を聞く中で自然と不動産というものに興味を持つようになりました。約5年レンタカー会社で働いた後、和光市の不動産会社に入社しました。

 和光市の不動産会社で5年間にわたり不動産の知識・実績を積んだ後、当時、和光・朝霞・志木エリアの不動産売買で評判のよかったマイタウンで働きたいと思うようになり、募集はなかったのですが、直接電話をして「面接してください」と言って採用してもらいました。入社してマイタウンの評判が良い理由がすぐにわかりました。まず、他の不動産会社と違い社内のチームワークが良いことです。一般的には不動産会社は営業が個人で勝負という会社が多いので、チームワークが良い会社は少ないのですが、そのチームワークがマイタウンにはありました。二つ目は、地元の業者との信頼関係ができているので、マイタウンが扱える物件量が他社に比べて多いということです。

 マイタウンに入ってからは、社内のチームワークと地元業者さんとネットワークを駆使して、たくさんのお客様の不動産売買をお手伝いしています。

山下店長1.jpg山下店長2.jpg

マイタウンは本当に良い会社。だからしっかりと広告して多くの方に知ってもらい、見てもらいたい。

 仕事内容は、大きく分けると、「営業の教育」と「裏方の仕事」です。店舗にはベテランから新人まで10人弱の営業がいます。私の教育の方針としては、「任せる」ことを重要視しています。ベテランの方はもちろん任せますが、新人や経験が浅い営業の場合であっても、できることは任せています。もちろん、大切なポイントはサポートしますが、それ以外は自由にやってもらっています。要は、任されることで当事者意識を持って仕事に取り組んでほしいのです。もともと私も営業で、「任されること」で成長してきたので、経験が浅い営業にも同じ経験をしてほしいと思っています。

 裏方の仕事としては、インターネット広告出稿のための写真撮影やキャッチフレーズの作成やチラシの構成など集客に関わることは全部担当しています。あとは、取り扱っている物件は常に頭の中に入れておきたいので、現地に確認に行っています。私は、「マイタウンの営業」「マイタウンの物件」には自信を持っています。だからこそ、多くのお客様にマイタウンという会社を知ってもらい、見ていただきたいので、裏方の仕事である集客業務にもしっかり取り組んでいます。

「山下さんじゃなかったら買わなかった」お客様からのストレートな言葉に感極まりました。

 嬉しかったことは、「山下さんじゃなかったら買わなかったです」ストレートにお客様に言われたことです。このお客様はローンがなかなか通らないお客様で、何回もご自宅にお伺いして相談を繰り返して、最終的にはローンを借入れすることができました。私としては、特に特別なことをしたのではなく、当たり前のことをしただけなのですが、こういう言葉をいただけたことは、不動産業という仕事をしていて素直に嬉しかったですね。この言葉は、お引き渡しの時にいただいたのですが、「色々と大変でしたね。でもこうやって無事に物件を購入出来て本当によかった。」とお客様と思い出話をしていた時に言っていただき、感極まった経験でした。

「実際に自分が住んでいる姿をイメージできるか?できないか?」この視点を意識して家を探してほしい。

 家を買うときのアドバイスとしては、「実際に自分が住んでいる姿をイメージできるか?できないか?」という視点で家探しをしたほうが良いと思います。私たちはお客様にいろいろなアドバイスをすることができますが、最終的に決めるのはお客様です。だからお客様が決断するときの参考になることをお伝えしたいんです。それが、「実際に自分が住んでいる姿をイメージできるか?できないか?」です。人によって生活イメージは違うと思います。例えば、私は地元が和歌山なので、あんまり都会的なところはしっくりこなくて、近くに田んぼや畑があるところに住んでいるイメージを持っていました。だから、家を買うときはそのイメージに近い家を買いました。

 自分にとって「住まい」とはどういうイメージかが大事です。例えば、普通のサラリーマンは平日5日間仕事に行って土日休みが多いと思います。その時に「落ち着ける家」っていうのが自分は一番いいなと思います。

 物件を見る時には「この家は落ち着けるかな?」という視点でみてほしいです。「実家って落ち着くなあ」ってあるじゃないですか?そういう感じのイメージです。だから「近くにスーパーがあって」とか細かいところじゃなくて、日々の生活の中で、家にいる時に「落ち着くなあ」と思える住まいを見つけてほしいです。

山下 浩右(やました こうすけ)
店長

和歌山県出身、富士見市在住。趣味はサーフィンで結構本格的にやっています。月に2、3回は海に行きます。よく行く海は千葉・茨城です。もちろん、冬でも海に入っています。また、中学生までやっていたブラックバス釣りに最近はどっぷりはまっています。休日の過ごし方は、「子供と遊んで過ごす」か、「サーフィンに行く」か「ブラックバスを釣りに行く」です。好きな言葉は「一石二鳥」、「諦めない」です。