スタッフ紹介

朝霞店 営業主任 森山 栄治

森山 栄治

マイタウンと出会って家を購入して、マイタウンに惚れ、そして入社しました。

 飲食業界で10年ほど働いていましたが、もともとマイホームへの強い思いを持っていたこともあり、不動産業界に転職しました。不動産業界では、マンションの販売会社2社で12年ほど経験をしました。その後、そろそろ自分の家が欲しいと思い、住まいを探し始めました。そこで出会ったのがマイタウンの物件でした。子供もだいぶ大きくなっていたので、学校の関係で住まいの場所にも考慮が必要だったのですが、ちょうど良いところにマイタウンの物件がありました。

 「この物件いいなぁ」と思い、見学に行ったところ、予想以上の物件でした。場所はちょうどよく、建物はセンスが良い、さらに会社も良さそうだと感じました。場所・建物・会社の全てが不動産業界の私の目からみても予想を上回るものでした。ですから他の物件は一切見ずに1件だけ見て購入を決めました。

 その後、マイタウンの家で幸せに暮らしているのですが、本当に物件も場所も会社も良くて、マイタウンで購入して良かったと思っていました。その思いがだんだんと「マイタウンで働きたい」という気持ちになってきました。マイタウンという会社に惚れたっていう感じだと思います。

 実際に入社してみて感じたことは、「めちゃくちゃいい会社」だということです。同じ不動産会社ですが、前職、前々職の会社と比較して、めちゃくちゃいいです。おかげさまで、10キロ近く幸せ太りしてしまいました。

 一般的な不動産会社って結構ギスギスした人間関係の会社が多いのですが、マイタウンは経営者の考えが浸透していて、皆さんすごく人間性が良いんですよ。だから新しく入ってきた方もだんだんと人間性が養われていく感じです。もう本当にマイタウンに入ってめちゃくちゃ良かったと思っています。

 

 

家探しの順番は一に土地、二に建物です。まずはその土地での生活を想像してみてください。

 お客様の個々の考え方で、どこに住みたいとか、どういった家に住みたいか、というのはあると思うのですが、私は場所がすごく大事だと思っています。その場所を軸にして生活を送るわけですから。だから、お客様にはまずその場所を軸にした生活スタイルを想像してもらうようにしています。そして、さらに家の中身、つまり建物に対しても想像してもらうという順番です。意外と順番が逆の方が多いのですが、例えば、住宅展示場に先に行ってしまい、建物を気に入ってしまいます。その後、そこで紹介される土地見てみるとピンとこないとか。展示場の家がそのまま入る土地って予算的に、なかなか合わないですからね。結局グルグルグルグルまわって、なかなか決められなくなっちゃってる人っていうのはかなり多いですね。

 ですから、順番は土地から建物の順番です。私はいつもこの順番でお客様が生活のイメージを想像しやすいようにお話させていただいています。そこで生活している自分の姿をイメージして、うまくイメージできなければ合っていないということ。逆にうまくイメージできるということは合っているということです。昔から営業は船頭だと言われていますが、私の仕事はお客様が家探しに迷い込まないようにサポートさせていただくことですね。

森山さん1.png森山さん2.png

マンション販売が長かったので、マンションと戸建の違いに慣れるのには苦労しました。

 マンションの場合、マンションを建てる場所は決まっているので、その場所の近隣調査などは建設前に終わっています。書類もあらかじめ用意されている契約書等が全て揃っています。ですから、決めますと言ったら、もう5分後に契約できてしまうのがマンション販売です。逆に戸建ての場合は、1軒1軒の現地の環境や近隣調査、法律的な取引の部分を調べて、オリジナルの契約書類を準備する必要があります。お客様には関係ないことですが、不動産会社の仕事としてはこのような違いがあります。

 お客様の視点でのマンションと戸建ての違いというのは、自分自身一軒家持って、やっぱり一軒家の方が自分の所有感はマンションよりも強いと思います。いわゆる自分のものだという感覚は戸建ての方があるということです。しかし、戸建ての場合、管理を自分でしないといけないので手間はかかります。マンションの場合は管理会社に任せておけば手間はかかりません。まあ、管理も楽しみのうちだと考えられる方は戸建てに向いていると思います。

 私はマンションも販売していましたし、戸建てには自分が住んでいますので、戸建ての良さ、マンションの良さ、それぞれを理解しているつもりです。その中で、お客様が望まれるライフスタイルに合わせて、よりライフスタイルの実現に合う住まいを提案していこうと思っています。お客様に喜んでいただくのが、私の仕事ですから。そして、お客様の理想の住まいが見つかった時に言われる「ありがとうございました。」という言葉は本当に嬉しいですね。この仕事を続けられるのは、この瞬間を味わうためですから。

 

最終的な決断には一目惚れの感覚を大切にしてください。

 住まいの探し方として、土地から建物の順番とお話ししましたが、最終的にどの物件にするかの判断には、「一目惚れの感覚」を大事にしてください。なんとなくだけど直感的にいいなって思った物件というは最終的にも良い物件であることが多いです。逆もあるのですが、良いんだけど、なんかピンとこないような物件はやはり最終的にもピンとこないままです。確かに色々な物件を見た方が良いのですが、迷った時は一目惚れの感覚を大切にしていただきたいと思います。

 私にとっての住まいは「家族一人一人にとっての心休まる居場所」です。一目惚れの感覚を大切にして、皆様にとっての心休まる居場所を見つけてください。

森山 栄治(もりやま えいじ)
営業主任

東京都豊島区出身、朝霞市在住。趣味はゴルフ、毎月1回〜2回コースを回ります。今の目標はスコア100を切ることです。あと、最近大型二輪の免許取ったので、バイクを購入して、今後はバイクを趣味に加えたいと思っています。 仕事柄、いろいろなお客様とお話しする機会があり、お客様との会話を楽しみたいので、普段から「幅広い知識の博学」を目指して情報を収集しています。会社では普通に「森山さん」と呼ばれています。

 お客様の声