スタッフ紹介

志木本店 営業 宅地建物取引士 秋元 啓伸

秋元 啓伸

不動産業界での長いキャリアの中で、ここで働きたいという会社がマイタウンでした。

 不動産業界に入ったのは、今から約20年前です。きっかけは、通っていた大学でたまたま宅建の免許を取る講習があり、受講したことです。約20年前ですから、まだバブルの残り香があり、ちょっとした華々しさもありました。ここで不動産取引に興味と憧れを持ち、大学卒業後は不動産会社に就職し、ずっとこの業界で仕事をしてきました。

 最初の会社は不動産業だったのですが、複合型マンションの店舗部分がなかなか埋まらず、ついに社長が「あそこでカフェをやろう」と言い出し、社長が「秋元、ちょっとやってみろ」ということで、不動産会社の社員でありながらカフェレストランの内装からメニュー決めまで任され、まるで店長のようにして約2年間過ごしました。その後、レストランとして借りたいというお客様が現れてようやく不動産の業務に戻ることができました。

 マイタウンに入社したいきさつについて少し話をさせていただきますと、同じ業界の知人からマイタウンの社風等の良い噂を聞いておりましたので、興味は持っていました。同じエリアの不動産業界で、マイタウンの物件は質が良いことは、いろいろなところから情報をとして入ってきて見聞きしていましたので、正直羨ましいと感じている部分もあり、本当に「お客様にとって最適な物件」を提供できる環境で仕事をしたいという思いがつのってマイタウンへの転職を決めました。マイタウンは自社物件の数が多く、仲介物件も他社様と同じ様にお客様にご紹介できるので、営業の幅が広がります。特に求人をしていたわけではないのですが、自分から電話をして、面接をしてもらい、無事入社することができました。

 マイタウンに入社してみて今までの会社とは違うと感じたのは、会社全体を包んでいる「すごくアットホームな雰囲気」です。一般的に、不動産の営業というのは会社員でありながら、個人事業主に近い感覚なんです。組織に属しているけれども、他の人とあまりつながりを持たず、自分の仕事だけをしているイメージなのですが、マイタウンは少し違います。誰のお客様であっても「会社のお客様」という意識が強く、何か問題を抱えたり、心配なことがあったり、不安なことがあったときは、みんなに相談して、みんなで解決していきます。本当にお客様のためを思った、社員の一体感を実感しました。

YA190725_0500.jpg

不動産仲介業の経験を活かし、仲介物件を含め、お客様のニーズにあった物件をご紹介しています。

 仕事をする上でのこだわりというと、私は不動産仲介業を長くしておりましたので、やはり仲介物件にはこだわりがあります。マイタウンは自社分譲がメインですが、仲介物件についても新情報は必ずチェックをして、できるだけ自分の目で物件を確認するようにしています。自社物件の良さをそこで再認識してしまうことの方が多いのですが、お客様の多種多様なニーズにお応えする為に、自社物件に限らず幅広くチェックをして、お客様にとって最適な物件をご紹介出来るように準備をしておくこと、物件それぞれの長所と短所を自分なりに分析してお客様にお伝え出来るようにしておくこと、それが不動産営業としてお客様に示す事の出来る一つの誠意であると考えています。

YA190725_0483.jpg

お客様に笑顔になっていただける瞬間が嬉しい。そのためにはまず安心していただけること。

 営業として嬉しいことは、お客様と接しているときに笑顔になっていただける瞬間ですね。安心感を持っていただいているからこそ、お客様が笑顔を見せてくれる。お住まい探しは不安なことだらけだと思います。多くの方は、あまり情報を持たない状況でマイホームという高価な買い物をするわけですから、いかにお客様の不安を取り除き、安心してお住まい探しをしていただけるかということを第一に考えています。ひとつの事柄を説明する場合でも、「どのような言葉だと分かりやすく伝えられるかな」ということを常に考え、不動産の専門用語など、お客様にとって理解しづらいであろうと思われる言葉は、自分なりに変換してお話をさせていただいております。ひとつひとつ不安要素を解消させていただいた先にお客様の笑顔があると考えておりますので、「不安→安心→笑顔」という流れにしていけるように心掛けています。物件を見ていただいたときや説明をしているときにお客様の笑顔が出ると、「またここで1つ不安を取り除くことができたんだな。」と嬉しくなり、なかでも、お引渡し時の笑顔は最高に有り難く、「この仕事をやっていてよかった」と思える瞬間です。これからもお客様の笑顔を1つでも多く獲得できるよう、頑張っていきたいです。

 よく、「今まで仕事上で苦労したことは何ですか?」と聞かれるのですが、パッと思い浮かぶことが不思議と無いんです。数多くのお客様と接していますから、その瞬間瞬間で「ああ、大変だ……」と感じることがあったかとは思いますが、それが次のお客様に接する上で肥やしといいますか、良い経験として自分の中に蓄積されていっているんだと思います。だから特に苦労したという感じがしないのでしょうね。

 それでもあえて言うとすれば、ものすごく心配性なお客様がいらしたときですかね。すべてにおいて「これはどうなんですか?」と質問され、質問量がとても多いお客様でした。それを1つ1つクリアしていってご購入いただけたのですが、そのお客様はお引越し後に購入なさった家に招待してくださり、奥様が手料理まで振る舞ってくださいました。「色々と細かくて申し訳ありませんでした」とおっしゃっていましたが、そのお客様のおかげで自分も成長できた部分もありますし、そういうものが積み重なって、不動産営業としての余裕にもつながっていくんだと思います。もちろん、すべてのお客様に買っていただけるわけではありません。買っていただけなかったお客様との経験も、今の自分を形作る肥やしになっているんだなと思うと、お客様には感謝感謝です。

YA190725_0501.jpg

後悔しないためにも、しっかりと「悩んでください」と言いたい。

 住まいを買うときに気をつけてもらいたいこととしては、お客様には「悩んでください」と言いたいですね。悩んだ末に出した答えが後悔しないものであるように、私たちはしっかりとした判断材料を提供します。

 漠然とした悩みには解決策がありません。だから、こちらで選択肢をしっかり提供させていただきます。そして、お客様にはしっかりと選択していただきます。途中で悩みはあっても、ご自分で決めるので、後悔のない状況になるのではないでしょうか。お客様が悩むときは当然、私も悩みます。提供する選択肢を熟考します。お客様にとって一番よい答えを模索します。「選択肢はしっかりお渡ししますので、お客様もちゃんと悩んで、ご自分で判断してください」と申し上げたいです。自分で決めること。これが大事です。

 また、私にとって住まいとは、人生を豊かにする、かなり重要なアイテムです。完璧な物件はありません。もし10個の希望条件があって、そのうちの7つ、ないし8つの希望条件がかなっていれば「買い」です。あとの足りないところは、その家で過ごす家族との思い出で絶対に埋まっていくと信じています。

秋元 啓伸(あきもと ひろのぶ)
営業 宅地建物取引士

北海道出身、ふじみ野市在住。趣味は、映画と読書。月に2~3冊は本を読む。読書の中で拾った語彙が仕事に役立っている。特に好きなのが、歴史小説。現代ものなら東野圭吾。今一番のオススメは、誉田哲也(第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作家)の推理小説。休日は一人で過ごすことが多く、ひとりカラオケにも行く。剣道弐段、スケートが得意、学生時代はラグビー部にも所属していた。意外にスポーツマン。最近、アコースティックギターを買って、たまに練習している。好きな曲を1曲、弾き語りできるようになりたい(実は高校時代はドラムを叩いていた)。好きな言葉は、“But it’s all right”。「でも大丈夫!」というポジティブな感じが心地く、気持ちを前向きにさせてくれる言葉。

 お客様の声

入間郡三芳町でトラストステージをご購入頂いたN様邸
新座市でトラストステージをご購入頂いたS様邸
新座市でトラストステージをご購入頂いたO様邸