不動産売却のQ&A

  • HOME>
  • 不動産売却のQ&A
女性
査定結果をどんな方法で教えてもらえますか?
男性営業
メールはもちろん、電話やFAX、郵便などでも対応可能です。 お客様のご要望に合わせてご報告させていただきます。 ※簡易査定は無料で行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
男性
査定価格で売り出さないといけないんですか?
男性営業
査定価格とは「売出価格」を決めるにあたって弊社がアドバイスする参考価格ですので、必ずしも査定価格で売り出す必要はありません。 査定価格は、評価して、周辺の成約事例や現在販売されている不動産市場と長年蓄えたノウハウをもとに適正と思われる価格を算出しています。 「売出価格」は弊社が出した査定価格を基に、売主様の希望、ご事情、近隣事例の売出状況を見て決めます。 査定価格を大きく上回る売出価格で売りに出されると、売れるまでに長い期間を要し、結局査定金額を下回る額でしか売れなかったというケースもあります。逆に、売却までの期間に特にこだわりがない場合は、売り出し価格を高めに設定して反応を見ながら、価格を調整していく方法もあります。
男性
「買い換え保証」とはなんですか?
女性営業
売却活動を一定期間行った後、売買契約が成立しなかった場合に、あらかじめ設定していた金額で弊社が買い取る制度です。 仲介手数料はかかりませんので費用負担が減らせます。
女性
急いで売りたいときはどうしたらいいですか?
男性営業
ご事情により早期処分をご希望の方や、ご所有の不動産がなかなか売れない方、周囲の方に知られずに売却したい方には弊社独自の買取りサービスをご提案させていただきます。 弊社、または専門の買取り業者が買主となりますので、一般のお客様に売出して買主が見つかるまで売れない、ということがなく、早く確実に売ることが可能です。ただし、一般のお客様に売出すと比較すると売却価格が低くなる傾向にありますので、メリットとデメリットがあることをご理解ください。
夫婦
不動産を買いかえる際、売却と購入、どちらを先にしたほうが良いですか?
男性営業
ご資金内容や、住みかえ計画によって異なります。どちらの場合でも、メリットとデメリットがありますので、 査定時に営業担当者と十分にお打ち合わせいただくのが宜しいかと思われます。
女性
マンションですが、住みながらでも売却はできますか?
男性営業
もちろん、住みながらのご売却も可能です。住み替えの際など、ご自宅にお住まいのまま、売却活動される方も多くいらっしゃいます。心配はございません。
女性
一戸建て売却のポイントと注意点とは?
男性営業
お家の状態や価値を客観的に把握しましょう。 雨漏りやシロアリ被害などの劣化はないかなど、屋内外を確認しておきましょう。 売買契約時には「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」があり、通常では気づかない欠陥や不具合が売却後に見つかったら、 売主がその補修費用等と負担することになります。後で慌てないよう事前にチェックしておくと安心です。 また、土地と同じく敷地の境界をはっきりさせておく必要があります。 隣地との境目に境界標が設置してあるか、エアコンの室外機や雨樋が隣家に越境していないかどうかも見ておきたいものです。
男性
土地を売却する時のポイントと注意点とは?
女性営業
土地での売却の際に重要となるのは、正確な面積になります。古くから所有している土地では、 不動産登記簿謄本に記載してある数字が正確でないこともあります。 また、隣家との境界標がない場合は、敷地境界があいまいになっていることが考えられます。 売買契約時に実測面積での契約を求められることもありますし、買主が後々ご近所と境界でもめないよう、 現地で測量調査を行って境界を確定させて境界標を設置しておくと販売もスムーズにいくと思います。 一度ご自宅の境界標があるかどうか確認しておくのも良いかもしれませんね。
女性
マンション売却のポイントと注意点はありますか?
男性営業
物件特徴や価格相場などを客観的にチェックしましょう。同じ地域のマンションであっても、築年数や階数、眺望などによって条件は異なります。また、住んでいる間に補修やリフォームした部分、不具合などもあれば、書き出しておきましょう。 また「エアコン、給湯器、床暖房、ガスコンロ、組み込み式の食器洗い洗浄機」などの不具合なども確認しておくと良いでしょう。売買契約時には「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」があり、通常では気づかない欠陥や不具合が売却後に見つかったら、売主がその補修費用等と負担することになるからです。
夫婦
販売活動はどんなことをするのですか?
男性営業
弊社のホームページや、不動産ポータルサイト(HOME`S・SUUMO・yahoo・アットホーム・いえらぶ・オウチーノ)への物件情報掲載、 新聞折込広告の実施、店頭での物件情報の掲示、指定流通機構(レインズ)への物件登録など、さまざまな手段で購入希望者を探します。 そのほかに、条件や希望にあった既存顧客への物件紹介、現在空室の場合は不動産をお探しの方が気軽に見学できる オープンハウスの開催を行います。ご売却物件に対する問い合わせ状況や反応、広告など売却活動の経過報告は営業担当者が定期的に報告を行います。
男性
ローンの支払残高が多いと、買い替えは難しいですか?
女性営業
あきらめないでください。金融機関によっては、旧自宅の売却により残ったローンと 新規に購入される自宅のローンを合わせて借入れる「買い替えローン」を取り扱っているところもあります。 借入の際は、お客様のご年齢・ご年収、担保不動産などが審査対象となります。 まずは、売却不動産の査定価格、諸費用なども含めて、お気軽にご相談ください。
夫婦
営業担当者さんがご案内していただく際、気を付けておく点はありますか?
女性営業
お部屋の第一印象はとても大切です。事前に以下の準備をしておきましょう。 1.部屋の中をきれいに片づけましょう。とくに、水まわりやベランダなどは気になる箇所です。念入りに掃除をしていただくとご案内もしやすいです。 2.カーテンやブラインドを開けたり、玄関から居室、トイレ等、すべての照明をつけてなるべく明るい印象になるよう、心がけてください。 3.窓を開けて、部屋の換気をしておきましょう。ペットを飼っている家、普段から喫煙している部屋などはニオイが残っている可能性もあります。あらかじめ消臭剤などでケアしておくとよいでしょう。
夫婦
実際に売る時は、リフォームしたほうが高く売れるのでしょうか?
女性営業
きれいなお部屋のほうが、早期にご売却が可能な場合はございます。 しかし、リフォームにかかった費用以上に高く売れるかというと、やや疑問が残ります。修復箇所が大規模な場合には、リフォームせずに、売出価格に"割安感"を持たせるのもよいでしょう。
男性
アパートや店舗物件の査定もできますか?
女性営業
もちろんできます。工場や事務所ビルなどの査定も行ないます。 また、借地・底地の売買相談も承っておりますので、お気軽にお申込みください。