スタッフブログ

たまには革命を

2018.03.03


ボンジュール、皆様!志木本店の秋元(あきもと)でございます。

今回のブログも食べ物です・・・はい。
ただ、いつものフードファイト系ではなく、エキシビジョン的なものでございます。

私は日々、自由・平等・博愛をスローガンにかかげて生きているわけですが、
私のマリーアントワネット的奥様に『美味しいものをシルヴプレconfident』と言われましたので、
行ってまいりました。

restaurant俺のフレンチrestaurant
30.3.1shiki-blog俺フレ.jpg

平日の昼間だというのに、結構な混み具合です。
馴染みのないシードルなるリンゴ酒を飲みながら、まずはメニューを拝見。
あまりよく分かりませんが、どれも美味しそうです。
お気に召すまま気の向くままにオーダーした結果がこちら。

one温前菜レタスのポタージュ
30.3.1shiki-blogぽたーじゅ.jpg

ほんのりと爽やかなレタスの香りが鼻腔をくすぐり、セボンでした。

twoキノコとベーコンのキッシュ
30.3.1shiki-blogきっしゅ.jpg

キノコとベーコンの香りはしっかりとするのですが、互いに主張しすぎるということもなく、
キノコの柔らかさとベーコンの弾力というコントラストも絶妙で、セボンでした。

three厳選和牛 シェフ・ニコラの玉手箱
30.3.1shiki-blogにこら.jpg

限定5食という謳い文句にまんまとつられ、ついオーダーしてしまいました。(限定品に弱い日本人)
提供時はプラスチックの容器に覆われ、その中はスモークという霧が充満しており、
その容器を取るとホワイトアウト・・・。
そう、日本人が喜びそうな演出。私も大喜び。(所詮、日本人)

こちらはスモークしたローストビーフが十二単の様に幾重にも折り重なり、手前に鎮座しているのは岩塩やマスタード、ピスタチオやベリーのソースなど、様々な味の演出家達であります。
食感と香り際立つローストビーフ、当然のことながらセボンでした。さすがはシェフ・ニコラ(誰?)。

fourオマール海老の丸ごとロースト
30.3.1shiki-blogおまーる.jpg

見たまんまセボンです。高級な海老をつかった料理が美味しくない訳がない。(日本人的発想)

five牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ
30.3.1shiki-blogふぉあぐ.jpg

人気ナンバーワンとのことで、当然の如くオーダー。(こてこての日本人)
私はフォアグラが苦手なので、マリーアントワネット的奥様が食し、セボンとのことでした。
でも、あん肝の方が好きとおっしゃっておりました。(完全に日本人)

sixトリュフとパルミジャーノチーズの贅沢リゾット
30.3.1shiki-blogりぞ.jpg

見た目はとてもシンプルですが、トリュフとパルミジャーノチーズの香りが奥深く、お米もアルデンテ状態で食感も抜群です。
これは、セトレーボンでした!(お米が大好き日本人)

seven特製バナナクレープオレンジソースがけ
30.3.1shiki-blogばなくれ.jpg

再び、限定10食という魔法の言葉につられ、ついついオーダー。
最後はデザートを食べないといけないという固定観念に囚われてしまった私。(皆と同じ、いつもと同じが大好き日本人)
たまにはこうゆう食事も良いものですね。

次は、イタリア人になってみようかなと考えております。

それでは皆様、オーヴォワール



トラストステージ
富士見市鶴瀬西2丁目1期

完成済のため、内覧・即入居可能です!
詳しくは下の画像より詳細ページをご覧ください。
M187-TS富士見市鶴瀬西2丁目 1期TOP画像.jpg

投稿者 mytown 志木本店